収益物件には3つの物件タイプが存在しているのです

さらに安定性を高めよう

お金

インフレに対応できる

不動産投資の人気が高まっています。株式投資で失敗した方が不動産投資に乗り換えており、安定した家賃収入を得られるのが人気となっている理由です。株式投資とは異なり、不動産投資では変動リスクをほとんど気にする必要がありません。また、インフレに対応できる株式投資のメリットを、不動産投資でも享受することができます。現在の日本はデフレから脱却しつつあり、インフレへの対応ができることは何より心強いものです。安定した家賃収入が得られる不動産投資ですが、収益物件を購入する際に3つのことに気を付けることでさらに安定性を増すことができます。その3つのこととは、資金計画、自己資金、収益物件の情報確認です。必ず3つのことに気を付け、非常に安定した不動産投資を行いましょう。

理想的な資金計画を立てる

収益物件を購入する際には、多くの方が資金計画を立てます。しかし、理想的な資金計画を立てる方は、意外にも多くはありません。資金計画を立てる際には、想定家賃収入のほか、全ての経費を計上することが重要です。全ての経費には、将来予想される修繕工事費用も含まれます。また、インフレによる固定資産税の増加も加味しなければなりません。その他、収益物件としてマンションを選ぶ際には、管理費や修繕積立金の値上がりも考慮するようにしましょう。安定した不動産投資を行うためには、ある程度の自己資金を用意するようにしましょう。レバレッジ効果が低くならないよう、20%〜30%の自己資金が理想的です。それより少ないと、借入リスクを高める恐れがあります。収益物件を購入する際には、何度も下見をすることも非常に重要です。あらゆる情報を得るためには、自分の足で調べることが最も有効です。面倒がらずに下見を何度もすることで、収益物件のメリットデメリットを全て把握することができます。