収益物件には3つの物件タイプが存在しているのです

さらに安定性を高めよう

お金

安定した家賃収入を得られるのが、不動産投資の魅力です。さらに安定性を高めるためには、収益物件を購入する際に3つのことに気を付けることが重要です。将来のことも考えた資金計画を立てること、借入リスクを高めない自己資金を用意すること、自分の足で下見をすることで、安定性を高めることができます。

詳細

利回りを高めよう

一軒家

収益物件を購入する際には、なるべく購入価格を抑えるよう交渉することが重要です。購入価格により利回りが大きく異ることになるため、必ず購入価格を抑えるようにしましょう。価格交渉を行う際には、収益還元法による相場からあまりにもかけ離れた価格を提示しないことが肝心です。

詳細

楽に投資をしよう

模型と女性

安定した収入を手間をかけずに手に入れたいと考えているのであれば、上場不動産投資信託に投資をするとよいです。上場不動産投資信託は銘柄によって保有している収益物件に特色があるので、投資する前に確認しておきましょう。

詳細

どの物件が良いのか

マンション

初心者向けの物件

収益物件には、具体的に住居系と事務所系とテナント系の3種類に分かれます。3種類とも同じ収益物件ではあるものの、利回りの数値や運営の方法なども大きく変わってくるので、物件を選ぶ時にはこの3つの違いに良く留意する必要があります。まだ投資に慣れていない、初心者であったとしたら、住居系の収益物件がおすすめです。住居系の物件は、利回りの数値が良くなくて、収益性が低いのではないかと思われがちですが、決してそうではありません。まず、他の2つに比べて、住居系の収益物件は運営がしやすいです。空室になるリスクが低く、ランニングコストも他の2つに比べるとかからないため、実質利回りの方は意外と高いのです。運営などにもし不安があるなら、住居系の収益物件を選びましょう。

利回りが高い物件

住居系の物件に比べて、事務所系やテナント系は利回りがより高い収益物件と言えます。たとえば、事務所系の収益物件は、オフィスビルとしての物件なので、個人ではなく法人との取引になるケースが多いです。個人に比べて、法人の場合は賃貸期間がとても長いため、長期にわたる安定した収益が見込めます。一方、テナント系の収益物件も、事務所系と同じように、店舗や倉庫として活用されるので、賃貸契約期間が長く収益も安定します。ただ、事務所系やテナント系の難しいところは、もし入居していた事務所や店舗が退去してしまった場合の運営です。高い利回りが期待できる一方で、ランニングコストも高いため、運営によってどこまで経費を削減できるかなど、上級者向けの収益物件だと言えるでしょう。